Home –  Archive
Monthly Archives: 8月 2011

Ever17 Karmaをアップロードしてみました。

段々現時点の腕前では進歩が望めなくなってきたので、一旦区切りとしたくて動画をとってアップロードしてみました。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=8phpowypFQM[/youtube]

今まではニコニコ動画使っていたのですがプレミアム会員でないとすごく重かったりとかするので、モノは試しにと思いYouTubeを使いました。

下手っぴですが聴いて頂けるとうれしいです。

ぼちぼちと下手な鍵盤練習してます(´・ω・`)

鍵盤練習はじめて既に3年ぐらいは立っている気がします。
あんまり練習をしているほうではないかもしれませんが、あんまり上達しませんねぇヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

ということで、さらしてみたいと思います。

Ever17というゲームより「Karma」
karma20110820.mp3

ひたすら練習して1.5ヶ月ぐらい。まだまだなところがあるので精進しなくては。と思う反面、いい加減飽きましたヽ(´ー`)ノ

この際だから他の曲でもやってみようかな・・・と

出だしだけでしかもボロボロですが・・・
FinalFantasy XIというゲームより「Vana’diel March」
vanadiel-march20110820.mp3

(´・ω・`)いつかスラスラ弾ける日がくるといいな。

Rails3で論理削除とかでアバババババ(;´Д`)

最近Rails3を勉強しています。

んで、よくある事と言えばやはりDBからの削除で論理削除をしたかったりとか更新ユーザーを保存したかったりとかするのです。

そこで出てくるのがRailsの各種プラグイン類。
論理削除で言えばrails3_acts_as_paranoid
更新ユーザーを保存するのであればmagic_userstampというのがあるようです。

ああ、更新ユーザー保存するならユーザー認証の仕組みも必要ですね。ということでauthlogicを組み合わせました。

・・・・が、論理削除を行った際ですが、どうしてもdeleter_idにユーザーのIDが保存されません(;´Д`)
magic_userstampのドキュメントをみるとacts_as_paranoidには対応しているようです。
・・・・・はっ!これはRails2時代のものじゃないか(;´Д`)

で試行錯誤しながら数時間かかりました。わかった事と言えば。

  • magic_userstampはact_as_paranoidの有無の判別にはCaboose::Acts::Paranoidの存在をチェックしているらしい。
  • Caboose::Acts::Paranoidを適当に定義してもdeleter_idに保存されない。どうやら rails3_acts_as_paranoidとacts_as_paranoid仕組みが違うっぽい。
  • rails3_acts_as_paranoidは最終的にはdeleted_allのメソッドを置き換えてupdate_allを発行しているみたいだ。
ということがなんとなくわかりまして・・・・初心者ながら思ったのは。
「delete_all」を上書きすればいいんじゃね!
ということです。
また試行錯誤しながらこんなの書いてみました。
module ParanoidOnDeleterId
 def self.included(klass)
   klass.send :extend, ClassMethods
   klass.instance_eval do
     alias :delete_all_without_explain :delete_all
     alias :delete_all :delete_with_explain
   end
 end

 module ClassMethods
   def delete_with_explain(conditions = nil)
     if User.stamper.is_a?(Numeric)
       update_all ["#{paranoid_configuration[:column]} = ?, deleter_id = ?", delete_now_value, User.stamper], conditions
     else
       delete_all_without_explain(conditions)
     end
   end
 end
end

まぁ、英語よーわからんので名前付けが変っぽいのは許してください(;´Д`)
で該当するモデルに

class Hage < ActiveRecord::Base
  acts_as_paranoid
  MagicUserstamp.config.compatibles
  include ParanoidOnDeleterId
end

こんなこんな感じにしてみたらちゃんとdeleter_idに入りましたとさ。

その場しのぎ感がすごいですがこれでいいやw

無線LANアクセスポイントが死にますた(;´ρ`)

もう、一週間ぐらい前の事なんですが突如無線LANアクセスポイントとの接続が怪しくなりました。

手持ちのMacBookから接続しても

  • タイムアウトになりました
  • そもそもSSIDのリストに出てこない
  • つながった物のパケットが送受信されない(;´ρ`)

とまぁ、こんな感じで困った事に・・・・。

やった事といえば、無線LANアクセスポイントのファームウェアアップだけなんですが・・・・・。
それとも熱かったですし猛暑で壊れてしまったのか・・・。 

いずれにせよ元々安定性も悪かったのでコレを機会に買い替えをする事にしました。

ちなみに元の奴は「PLANEX MZK-W300NH2」という奴です。今調べたらそんなに古い製品じゃないんですね。使ってから一年たってなかった。

で、買い換えたのが「LOGITECH LAN-W300N/R」 という製品です。
買って見てみてビックリ。設定画面がPLANEX製品とホトンド一緒です。

嫌な予感がします・・・・・

案の定という言うべきでしょうか。ひたすらリセットを繰り返します。
3時間ぐらい試行錯誤しても直りません(´;ω;`)

結局、さらに新しく「NEC Aterm WR8700N」を買ってきましたorz
こちらの製品は20分ほどでセットアップから安定稼動までこぎつけましたヽ(´ー`)ノ
値段は2倍程しますが最初からコッチにすればよかったです(;´ρ`)

私にとってはPLANEX、コレガあたりは鬼門のようですw

翌日結局、Logitechの無線LANルータは返品してきました。
特になにもなくあっさり返品出来たのでちょっと拍子抜けしました。折角動画まで撮ったのにw

Lionさん、インストール

仕事が盆休みになるに当たって時間があるのでうちのMacBookのOSを先日発売されたLion(10.7)にしようかと思いました。

早速、AppStoreでダウンロードしたものディスクイメージでの配布じゃなくて上書きインストールしか出来ないみたい?
OSインストールするときは基本的に上書きでは新規インストールするのでこれは大問題(;・∀・)

・・・と、調べてたらイメージを抜き出す方法が書いてありました。
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=703

もとのHDDは何かあった時のために戻せるよう外して、新たにディスクを準備しました。
そう!SSDです。ついにSSDデビューです(●^o^●)

交換してからインストールまでは時間がかかるものサクサクと進みました。
んで、SSDに交換したのですが特に起動については噂通りめっちゃ速い!

買ったのはCrucial m4 CT256M4SSD2です
ベンチだと一部速度が出てないけど(゚ε゚)キニシナイ!!

体感出来る速さなのでこれからのノートはSSDじゃないとなぁと思うこの頃です。

その後、無線LANでトラブルが出たのですがそれは次の日記でも。