Home –  未分類 – Pacemakerでちょっと気になっている事

Pacemakerでちょっと気になっている事

とりあえず、ボチボチとサンプルをコピペや改変をしながら何とか動作するようにはなっていますが、幾つか意味が分からず設定していたりして困っていたりします。

今回、特にどうしていいのか分からないような気になっている事を2点自分なりにまとめました。
要はメモ書きみたいなものですね。あと、通りかかった神様みたいな人が教えてくれることを祈って・・・。
過疎BLOGだからありえないと思いますがヽ(´ー`)ノ

 

 

サンプル設定そのままでもWARNINGが出てしまう

よくサンプルとかの設定をそのまま設定していると下記のようなWARNINGが表示されます。

WARNING: postgresql: specified timeout 60s for stop is smaller than the advised 120
WARNING: postgresql: specified timeout 60s for start is smaller than the advised 120
WARNING: postgresql: specified timeout 60s for notify is smaller than the advised 90
WARNING: postgresql: specified timeout 60s for demote is smaller than the advised 120
WARNING: postgresql: specified timeout 60s for promote is smaller than the advised 120

設定値が小さいぞとか警告掛けられていると思うんですがこの手の警告は普通に無視していいもんでしょうか?そもそもサンプル通りにやって警告が出るのが正直「こまったなぁ」と感じてしまいます。

この警告をどのように受け取っていいのか・・・・サンプルでも表示されるので「無視しても良いもの」と受け取っています。
実際に運用されている場合なのはどうなのか?というのは気になる所です。

 

 

location、 colocation、 order ってなんぞや?

サンプル見ながら適当に設定を↓のようにやってみたのですが、どうにもこうにもlocationだのcolocationだのorderとか雰囲気は分かるもののパッと見て設定の意味が分かりません。

crm configure location rsc_location-2 msPostgresql \
    rule role=master  200: uname eq postgres01 \
    rule role=master  100: uname eq postgres02 \
    rule role=master -inf: defined fail-count-vip-master \
    rule -inf: not_defined default_ping_set or default_ping_set lt 100

crm configure location rsc_location-1 vip-slave \
    rule  200: pgsql-status eq "HS:sync" \
    rule  100: pgsql-status eq "PRI" \
    rule  -inf: not_defined pgsql-status \
    rule  -inf: pgsql-status ne "HS:sync" and pgsql-status ne "PRI" 

crm configure colocation rsc_colocation-1 inf: msPostgresql        clnPingCheck
crm configure colocation rsc_colocation-2 inf: vip-master       msPostgresql:Master
crm configure order rsc_order-1 0: clnPingCheck          msPostgresql
crm configure order rsc_order-2 0: msPostgresql:promote  vip-master:start   symmetrical=false
crm configure order rsc_order-3 0: msPostgresql:demote   vip-master:stop    symmetrical=false

locationというのが、ruleの部分に指定されているものに合わせてリソースを振り分けるという指定だと思うんですね(´・ω・`)
rule部分の指定がイミフで(;´ρ`)

colocationってなんぞ?locationと何が違うのかな。構文も違いますが・・・。

そして最後にorder。 たぶん何かの順番を決めるものなんでしょうが、これは何の順番を決めているのでしょうか?

 

この辺の解説をやさしく詳しく丁寧に教えてくれるドキュメントとかないものだろうか(´;ω;`)

コメントを残す