Home –  未分類 – WordPressのサイトを移行するときの手順。

WordPressのサイトを移行するときの手順。

※私の備忘録程度のものなので、もっと詳しいサイトさんへ寄られるといいかもしれません。

先日、私の親のお店のブログをgyafuuuun.com配下から独自にドメインを取ってそちらへ移行しました。

旧URL http://www.gyafuuuun.com/hakuraiya/
新URL http://hakuraiya.com

まぁ紳士服のサイトなんですが親父は結構なじいさんなので色々詳しくなく私が色々サポートしてます(´・ω・`)

んで、このサイトがWordPressで作ってあるんですが、移行したとき幾つか手間取った事もあってある意味自分宛のメモのような気持ちで記事を書きました。

WordPress初心者なのでこの方法でいいのかは正直あんまりわかっていませんヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

特に問題だったのがDB内に hakuraiya や gyafuuuun.com といったようなサイト固有の文字がある為、単純にApacheでバーチャルホストの設定をすれば完了というわけには行きませんでした(´・ω・`)

そこで、完全な新規の環境を作り旧データを移行する形をとりました。

準備

  • 旧サイトのDBのダンプを取る。
  • 新サイトへWordPressが設置可能な設定をする。
  • 新サイトのWordPressのデータベースを作成しておく。(create databaseまででOK)

DBダンプの修正

取得したDBのダンプを修正します。というのも最初に書いた通り、固有の情報を新環境に合わせる必要があるからです。

  • サーバ上のHTMLを置いてあるパスが記載されているための置換をした 。
    /home/hakuraiya/old_site を /home/hakuraiya/new_site という感じです。
  • imgタグのsrc内などにあるURLのパス情報を正しくします。今回は /hakuraiya というディレクトリが / になる為。下記の様に置換を行いました。
    “/hakuraiya/ → “/  (ダブルコーテーションは置換対象です)
  • URL内の http://www.gyafuuuun.com/hakuraiya の部分を http://hakuraiya.com と置換した。
  • 幾つかまだwww.gyafuuuun.comという文字が残っていたので、
    “www.gyafuuuun.com
     を “hakuraiya.com と置換をした。(ダブルコーテイションは置換対象です)

この辺まではきっと一般的なことなんだろうなぁと思っていますが、今回ちょっとハマった事があります。

文字コードCA20問題

データベースの文字コードはUTF8を使用していました。WordPressでHTMLを直書きし「 」で半角スペースを入力した場合、DB上には文字コードCA20に変換されて保存されるようです。

その状態で、mysqldumpを使用しDBダンプを出力した場合、文字コードCA20部分で文字化けが発生します。

対策として–default-character-set=binaryというオプションをmysqldump使用時につける事で対応が可能です。
(DBの中身をそのまま取り出すという形にするのだと理解しています)

問題はダンプに出力されたCA20はたとえばWindows上のエディタとかでは化けることが多いので、あらかじめ「 」に変換して作業をしておくのが良いと思います。

データの移行

DBのダンプの編集が終わったら新環境に設置していきます。ここは非常に単純で、

  • 修正したダンプファイルを新サイト用のデータベースにインポートします。
  • 元のWPのファイル一式を新サイトのディレクトリにコピーします。
  • wp-config.php のデータベース接続部分を修正します。(新DB向けの設定を行います。)

その後の修正

一見、コレでうまくいったのですが幾つか調整の必要な所がありました。

  • テーマの情報がぶっとんでしまってました。背景色、メニューなど。改めて設定しなおしました。
  • Googleアナリティクスの設定を新しいサイト用に設定しなおしました。
  • 一部うっかりパーミッション設定ミスしてて一部動作してませんでした(;´ρ`) 

とりあえず今は安定して動いているように見えます。
ちょっと不安なのでしばらく様子みないとなーなんて考えてはいます(´・ω・`) 

コメントを残す