Home –  Archive
Monthly Archives: 4月 2015

Stellanova 記事のちょっとだけフォロー

と3回に分けて記事書いたのですが、全体的に否定的な記事になっちゃったなーなんて思ってました。
そしたら今日(4/28)に週アスPLUSでStellanovaの記事がありまして、
そのせいか普段よりもこのへんの記事のアクセスが多いなと。

これはいかん。個人的にはトラブルは満載だけどStellanovaは気に入ってるのでフォローしなくては!?

とか思ってコレ書いてます。フォローになってない気がしますが・・・・!?

想定されているメインターゲット

私は主にWindows PC, MacBook Proから接続して使っているのですが、おそらくパイオニアさんの
意図としてはiPhoneなどのiOS端末をメインターゲットとしているんじゃないかなと思います。

というのも、iOSではWireless Hi-Res Player Stellanova
というアプリがあり、PCから使うよりも便利な機能があるからです。

PC持ってないようなひとだったら、CDリッピング機能とかは便利に使えそうだよなぁと思ったり。
APS-WF02JにUSBメモリつないでiOSから楽曲再生したりとかも場合によっては使えそうです。

WiFi経由で安定しない件

これは音楽聴くだけであれば通信速度が一定以上(100Mbpsぐらい?)出ていればバッファを増やせば問題ない話であると思います。

多分コレも使い方の話になるのですが、ドラマ見たりアニメみたりする用途だと1秒ぐらいづれると場合に
よっては違和感があるのです。

純粋に音楽を聴く上ではあんまり問題無い話かなと。
最近はデフォルトの500msにして使ってたりします。

残念ながらやっぱり発展途上中の製品かなと

最後は買って_| ̄|○こないようにと思って。

この製品はまだまだ発展途上の製品かなと。
色々期待して買うと∑(゚Д゚)エエーって思うこともあるかもです。

個人的に今後に期待したいのは、USBストレージをさしたらネットワークドライブとして公開してほしいです。
USB認識だと、マルチユーザーで使用できないので音楽データのメイン保存場所にできないので困ります。

音楽データはすべて「APS-WF02J」にあるみたいな事ができたらなぁと若干妄想しつつだったのでその辺が残念でした。

DDoS攻撃を喰らったらConoHaを解約する羽目になった話

先日、ConoHaを解約しました。

というのも、タイトルの通り借りているVPSサーバにDDoSが来て、最終的にサービス再開できずに解約することを求められた為です。

少なくても私自身に問題はなかったという認識です。

こんなことあったぞという、記憶の片隅に残すためともしConoHa借りるひとに注意を促す事ができたらなぁなんて思って書くことにしました。

この件で色々検索してたら「DDoS攻撃されたらそこで試合終了!? レンサバから利用停止を宣告される前にできる8つの対策」という記事をQiitaで見つけまして、概ね書いてあるとおりだよなぁなんて思ったりしました。

1.DDoS攻撃を受けたぞ

事の発端は[ConoHa]VPSの 一部ご利用制限につきましてというタイトルのメールから始まりました。

内容としては

  • 外部からの不正なトラフィック(DDOS攻撃)を検知したこと
  • 通信をすべてDropするようにしたこと

が記載されていました。

この内容を読んで思ったのはどうしたらよいのか?どうしたら再度VPSが使えるようになるのか?という点です。そういった内容が何も書いてないため、状況を確認し返信をしました。

  • ConoHaのコントロールパネルでVPSが停止していたのですが、通信のDrop以外になにかしていないか?
  • VPSを再度起動してみたがeth0のインターフェースのIPアドレスが取得できず一切通信ができません。現在も規制されていますでしょうか。
  • 規制されている場合は規制解除までの流れはどのようになっていますでしょうか?

と三点を質問として投げました。

2.無慈悲な返事

質問の答えは

  • 通信のDrop以外に、VPSのシャットダウンもしている
  • 再発が懸念されますため通信の制限を解除することはできかねる

との事。

要はこのままだとお金は払っているものの、事実上サービスが停止されているという状態が続くという・・・ヽ(`Д´)ノ

もちろんサーバ上のデータも当然取得することができないという・・。えっ!?データ人質みたいなもんじゃね・・・・

結構このへんでプンスカ来ていたものの、再度確認をしてみました

  • 事実上のサービス停止と理解していいでしょうか?
  • データ取得できないという理解で正しいでしょうか?
  • 制限解除される条件を教えて下さい。
  • 規約上何か問題行動を起こしたかどうか教えて下さい。

3.データを取得出来たものの回答してくれない

再度回答が来ました

  • 再発の懸念がございますため現在ご利用のVPSのサービス再開はできかねます
  • データは日時指定で一定時間使えるようにするのでその間にデータを取得するように。

事実上、質問した件に関してほぼ0回答。一番気にしていた、規約上の問題行動についてはスルーされました。
コレ以上ゴタゴタしても何も解決には届かないと思った為、仕方なく解約することにしました。

少なくても「規約上問題行動を起こしたか」確認しましたが回答が無いということは、私自身に問題はないと思っています。

4.最後に

DDoS攻撃を喰らった場合、サービス提供を停止して再開ができないという事考えると、恐ろしくてGMO系のレンタルサーバは使えないなぁと思いました。

個人的にはサービス提供する目的でGMOのレンタルサーバを使うのはオススメできないです。

これ、さすがに専用サーバとかだったら対応が違うのかなぁ。

浦山口駅〜武甲山〜横瀬駅ハイキング

今年も春になったので山へハイキングへ行くようになりましたヽ(=´▽`=)ノ

既に何度か登ってるのですが、今回は武甲山へ登った事を書きたいと思います。

ルート

今回は浦山口駅をスタートして、武甲山の登り、横瀬駅をゴールに、というルートです。
というのも、最後にお風呂に入りたかったので武甲温泉のある横瀬を終点にしたかったのです。

(浦山口駅近辺には温泉がないのです・・・)

感想とか写真とか

ルートの事、浦山口での出来事

一般的には今回の逆のルート(横瀬駅〜武甲山〜浦山口駅)のようです。
ただ今回はお風呂に入りたかったので逆のルートにしたわけですが、正直横瀬駅からのスタートだったら山登る前に挫折してたかもしれません(・_・;)

浦山口からスタートしたわけですが、浦山口ではなんとPASMO(Suica)が使えません。
西武池袋線から直通の快速急行を使った場合、降りるときPASMOが使えないといったことに。

浦山口駅で駅員さんにそのことを伝えて降りて、次回PASMO使用できる駅で精算するという形になります。

浦山口から登山道の入り口まで

スタート時点で標高は約250mぐらいで、そこから登山道入り口あたりで標高約500mぐらいだったと思います。舗装道路と砂利道的なものですが、奥の方はすれ違うのが難しいぐらいの道幅です。

最初は舗装道ですが、こういう道は雰囲気が結構好きですヽ(=´▽`=)ノ 途中鳥居があったりしてなんとなくパシャリ。

途中、謎の看板があったのでそちらの方へ向かってみました。

なんじゃぁ、こりゃぁぁ。
鍾乳洞があったり、食事処があったり。思いっきり観光地っぽい所にでました∑(゚Д゚)

これは全く想像してなかったです。そば処やソフトクリームも売ってたりしてるみたいなので、普通に横瀬駅からのルートで来た場合はここで休憩すると良さそうですね〜。

鍾乳洞も寄ってみたかったんですが、今回の登山の時間が見えないので諦めて進みました。

そのまま道を歩いて行くと熊出没注意の看板が。
ここも熊か。奥武蔵、奥多摩の山で熊注意看板を見なかったことはなかったきがするなー。どこにでもいるのかな。

そういえば、大山登った時には熊注意の看板なかったような・・・

それと桜。葉桜になってしまっていたのが残念ですが結構並んでたので、満開の季節は綺麗だったんだろうなぁと思います。川沿いを歩いていたのですが、桜もそうですが河の水がとても綺麗で。

天気がよかったせいで綺麗に見えるんでしょうけど、すごく気分よく歩けました。

登山道の入り口には、登山ポストがありました。

ここまで来る途中に、登山届けをしているかどうかを確認しながら走ってるワゴン車がありまして、登山届を出してから登ってるかどうか確認されていました。

私はもちろん・・・・と言いたいところですが出してなかったのです(・_・;) そろそろちゃんと出すようにしたほうがいいかなぁ。。。

登山道を頂上まで

登山道入りしばらく歩くと、おや橋が壊れてる∑(゚Д゚)ガーン え?まじ道間違えた? とか思ったら写真のような感じで渡れるようになってました。

よく見てなくてちょっと焦りました。天気が良い成果とても水が綺麗でゆっくり見てられたらなぁなんて思いつつ先に進みます。

この看板があるところから先が「山と高原地図」では急坂と注釈があるところです。
実際にきつかった(・_・;)

ただここ最近ジムでトレーニングしているせいか、昔に比べて疲れづらくなった気はします。ありがたやヽ(=´▽`=)ノ

きつい登りが終わってひと休憩。此処から先はしばらくじんわりとした上り坂でした。日差しもよく届くので夏場はこの辺はきつそうです(・_・;)

長者屋敷ノ頭あたりからまた少しずつ緩急ある感じで登りがきつくなった気がします。

この辺からスタミナが切れてきたのか、息が上がるということはないけど、何回か休憩を取りながら上がってます。
もうすこし間食的になにか食べて上がればよかったのか・・・、悩みます。

そして・・・・・、ご飯食べてる人がいる!

おおー、頂上かーーヽ(=´▽`=)ノ

展望、お昼とか

皆さんがお昼を食べてる広場の奥に、神社が。そして狛犬はちょっとスリムな感じです。

神社の奥へ行くと、ほんとにちょっとだけ登ると展望所があります。
そこから、主に山の北側の景色が一望できます。標高も高いし景色いいです。

んが、ちょっと足元の方を見てみると、北側の斜面は結構採掘で残念な感じになってます(´・ω・`)

コレ以上開発すすんだら、武甲山倒れてしまうんじゃないすかね(・_・;)?ナイナイ

んでもってさっきの広場でご飯モグモグしてひと休憩。頂上の広場にトイレはあるのですが、冬季は使用はできません。気持ち的には春なんですが〜4/30まで閉鎖されているとのこと。

すたこらさっさと下り

武甲山山頂から横瀬駅方面へ降りるルートの看板がなかったため、最初とまどいましたが登ってきた道と違う道はひとつしかないので迷うことなく進めました。

しばらく歩いていたら大きな木が。これはデカイと思ってたら大杉の広場というところみたいです。三脚たてて本格的に写真とってる人もいました。

さらに歩いていると、多分ずいぶん下った後だと思うんですが・・・・不動滝というところに出ました。

ここの水は飲めるっぽいですね・・・?ちょっとだけ飲んでみたんですが、お腹壊すなんてこともなかったですし(・_・;)

そうそう、ここにおいてあるペットボトルで水くんで頂上まで持ってくれないか的なお願いが書いてありました。
トイレの水に使用するみたいです。

途中から舗装道路に出たりしながら、下って行くと一の鳥居。登山道終了ですヽ(=´▽`=)ノ
ここにも登山ポストがあります。

お疲れ様ーと思いつつも、ここから舗装道路を歩いて横瀬駅へ向かいます。

一の鳥居から横瀬駅

一の鳥居からは車も通る一般道をひたすら歩きます。横瀬駅まで6kmぐらいあって、だいたい1.5時間ほどかかります。

気持ちの上ではすでに登山が終わってるので、1.5時間歩くのが結構苦痛でした。
まだか・・・まだか・・・と何度もスマホの地図を見る始末(・_・;)

今回の登山でここが一番つらかったですw

歩いてると、送迎のタクシーにすれ違ったり、明らかにタクシーまちをしてる人がいたので結構な人がタクシーを使用して横瀬駅に向かうのではないでしょうか?

一人じゃなかったら間違いなくタクシー使うと思います_| ̄|○

武甲温泉でまったり

登山後は武甲温泉にゆっくり入ってきました。

武甲温泉へは横瀬駅から送迎バスが出ています。時刻表とかはなく、お客がいれば載せて移動という感じのようです。
私の時は私しか乗る人がいないので、送迎バスには一人でw ちょっと贅沢というか私ひとりの為にバス動かしてくれるのは申し訳ない・・みたいな気持ちが。

料金は800円です。

施設自体は年季が入った施設なような気がします。脱衣所は昔ながらのカゴがおいてあってそこに着替えを置くタイプですが、有料(100円)のコインロッカーもあります。

35リットルのザックを使っているので、荷物とかどうすればいいのか聞いてみたら、貴重品をザックからだして、ザック自体はフロントで預かってもらうことが出来ました。
貴重品類はコインロッカーに。

対応は上記のように対応してくれたりしたので好感触でした。横瀬方面で登山した場合最後によるのもいいかもですなー。

最後に感想とか

武甲山は標高1300mある山なので、去年・一昨年あたりは「いやぁ、無理だろ」とか思ってました。

でも実際に登ってみるとそうでもなかったです。多分、ジムでトレーニング始めたので筋力がちょっとついたとかも関係してるかと思いますが。

一の鳥居から横瀬駅の道のりがとにかく心理的にキツイので、次回登るとしても浦山口〜武甲山のピストンになるんじゃないかなぁと思っています。

鍾乳洞のところのソフトクリームとか食べてひと休憩したいかななんて。

同じルートでもう一回登ることはないと思いますが、もっともっと体力ついたら、芦ヶ久保からのルートとか、正丸〜伊豆ヶ岳から回って行くとかいいのかなと思います。

朝6:00すぎぐらいに、登り始めないとみたいなので電車移動してる事考えると無理そうですねぇ。

Stellanova(APS-S301J)を買った話 (3)

Stellanova(APS-S301J)を買った話 (3)

前回前々回の続きです。

一週間経ちました

購入して一週間、いいところ、わるいところなどなどわかってきた気がします。

そういった所を総括して感想にまとめたいかなと。

音質とか

ぶっちゃけ、音質とかわかりませんw

・・・なんですが、前のコンポの時と違って音の出処がわかるようになった気がします。

前のスピーカーはコレよりも大きいので、デスクに置けないので机の上に設置してある棚の所においていたので音が上から聴こえていたのですが、今回はデスクの上においたので非常にポジションのいい位置にスピーカーが置けました。

というか音質の話ではないのですが、スピーカーの位置って重要だなぁと思ったわけです。


iPhone5sとの比較はこんな感じです。

それと音質に関してですが、この辺はあんまり知識がないし語彙も少ないので(・_・;)

えと前はSX-V05を使っていました。ツイーターが潰れてるんですが(・_・;) このSX-V05と軽く比較してみたのです。

さすがにSX-V05も小型とはいえAPS-S301Jのスピーカーより大きいので低域に関してはこちらのほうが良く出てます。というかアクティブスピーカーに毛が生えたぐらいのサイズなので低音関連は正直たりないかな。と思います。

PC前で聴く分にまぁいいのかなと。アンプ側にサブウーファーアウトがあるので足りない人はつけるといいんじゃないでしょうか。

YST-SW010あたりってどうなんでしょう?売価1万切ってますし・・・ちょっと気になります。

(物理)操作面とか

アンプですが、電源のON/OFFも速いですし、小型の割にそんなに熱くならないですし特に不満もないかなと。

小型スピーカの為にだとおもいますがBASS BOOST機能がついてるのはGoodだとおもいます。ただON/OFFだけですのでこの付属スピーカー用だと割りきったほうが良いかと。

ボリュームの操作感はなかなかいいです。個人的にはついつい弄りたくなる感触w

写真の通り、本体が小さいので背面はギュウギュウです。

逆に気になる点といえば、入力を切り替えると切断されるということです。スマホをBluetoothで接続していて、アナログインプットに切り替えたらBluetoothでの接続が切断されました(・_・;)

同様にUSB(無線接続)もBluetoothに切り替えると切断されます。

(ソフトウェア的な)操作面とか

ほとんどPC(Windows or MacOSX)からしか使ってないので、その辺の感想となります。

とにかく一番印象に残ったのは「安定させるまでが大変」ということです。
前二回の記事の通り、色々WiFiの安定性にハマったりして安定して通信ができずに音がぶつ切りになるという・・。

APS-WF02JのWiFiは11a/b/g/nと4種対応してますがおそらく11n以外ではハイレゾ音声を安定して送信するのは非常に難しいのではないかと思います。

バッファを大きく取るか、44.1KHzまでに制限するなどの対策が必要じゃないかと思います。

私の環境では多分192KHzでも安定動作する事は可能だと思いますができるだけバッファを少なくしたかったので96KHzにして、バッファを最小の200msにしています。

あと、原因不明ながら5〜6時間接続してると急に音が出なくなって復帰しない事がある模様。なんだろうねこれ。
そんなに長く使うことあんまりないからそんなに影響ないと思うけど。

PCから普通にUSBデバイスに見えるのでその点は非常にいいのではないかなと思います。

専用のソフト出ないと音鳴らせないとかだと興ざめですので。アンプから切断してしばらく経つとアンプの電源が落ちるのもGoodだと思いますヽ(=´▽`=)ノ

とりあえず、USB接続のBD/DVDドライブをAPS-WF02Jに接続しておけばどのPCからでもドライブが使えるので便利そうですね。(まだやってないのです)

全体的な満足度とか?

http://www2.gyafuuuun.com/wp-content/uploads/2015/04/DSC00897.jpg

全体的には前のコンポの時より使いやすくなって音質もよくなったんじゃないかと思ってます。

お値段はそこそこしましたが、結構満足してます。

個人的に欲しかったのはSONYのHAP-S1みたいなやつで、アンプ非内蔵でUSB経由あたりでDACアンプにつないで出力みたいな・・・。

今回はDACアンプ部分とスピーカーをリニューアルということで。

HAP-S1も正直いうとタブレット&スマートフォンだけじゃなくてPCからも専用のアプリで集中管理できるんだったから買ってた気がするんですけどねぇ(´・ω・`)

ネットワークオーディオプレイヤーも各社から出てますけどあれも、集中管理という点ではちょっと使いづらい感じですし、楽曲を集中管理できるものはないのでしょうか・・・。もちろんiTunesとも連携できたりすると最高なんですが。

PC買い替えたりするたびにデータ移行に悩むのが嫌で嫌で・・・。

そんなわけで5年ぐらいはこれ使い続けられたらなぁと思うこの頃です。

Stellanova(APS-S301J)を買った話 (2)

前回からの続きです。

USB DACアンプ(APS-DA101J) との接続

APS-WF02Jの設定が終わったのでいよいよUSB DACアンプとの接続なのです。

一般的に通常のUSB DACアンプであれば単純にPCにぶっさしてドライバー導入して完了なんですが、今回WiFi経由での接続となるのでWiFi経由由来のトラブルが存在します。

トラフィック量とぶつ切れ音声

私の使用用途で一番大きいのは、MacBookもしくはデスクトップのWindows PCからの接続ということになります。

Windows PCからの接続では特に問題はないのですが、MacBookからの接続の際になんか音が切れやすいなぁなんて思ってました。

そこでちょっとアクティビティモニタを確認して気がついたのですが、毎秒3MB強ぐらいの通信量が発生してました。ちゃんと計算してないですがいくらなんでも大きすぎではないかなと・・・。

MacOS では「Audio MIDI 設定」アプリを使うことで、出力フォーマットを指定することができます。
設定状況を確認した所「384KHz 32ビット整数」となっていました。

・・・・あれ? APS-DA101Jは192KHzまでだったような・・・・

ということで192KHzに設定・・・・・ではなく私は96KHzに設定しています。
手持ちのデータでは96KHzまでの楽曲しかなく、192KHzは必要ない為です。
あと下げた分、音が切れづらくなりますので。

レイテンシ

仕組み上、APS-WF02J側にバッファを持つ為、実際に音がなるまで最低500msのタイムラグがあります。

0.5秒のタイムラグですが動画を見る際には口の動きと一致しないなどかなり気になる感じになります。

先ほどMacOS側の設定を96KHzに設定したことで、バッファ量を減らしても影響ないのではないか・・と思って設定画面から300msに変更してみました。

この設定でもまだまだ遅延を感じますが、ぎりぎり妥協範囲かなぁと思うことにしてこの設定で行くことにしました。

快適に音楽聴くヽ(=´▽`=)ノ

ここまでやってようやく快適に音楽が聴ける環境になりました。

えがったえがった。使い勝手や音質などに関しての感想についてはまたまた後ほどということで。

とりあえず、Stellanova買ったけど動作しなーいってお嘆きの方にこの記事が手助けになれば嬉しいなぁとか思いつつ。