Home –  未分類 – 浦山口駅〜武甲山〜横瀬駅ハイキング

浦山口駅〜武甲山〜横瀬駅ハイキング

今年も春になったので山へハイキングへ行くようになりましたヽ(=´▽`=)ノ

既に何度か登ってるのですが、今回は武甲山へ登った事を書きたいと思います。

ルート

今回は浦山口駅をスタートして、武甲山の登り、横瀬駅をゴールに、というルートです。
というのも、最後にお風呂に入りたかったので武甲温泉のある横瀬を終点にしたかったのです。

(浦山口駅近辺には温泉がないのです・・・)

感想とか写真とか

ルートの事、浦山口での出来事

一般的には今回の逆のルート(横瀬駅〜武甲山〜浦山口駅)のようです。
ただ今回はお風呂に入りたかったので逆のルートにしたわけですが、正直横瀬駅からのスタートだったら山登る前に挫折してたかもしれません(・_・;)

浦山口からスタートしたわけですが、浦山口ではなんとPASMO(Suica)が使えません。
西武池袋線から直通の快速急行を使った場合、降りるときPASMOが使えないといったことに。

浦山口駅で駅員さんにそのことを伝えて降りて、次回PASMO使用できる駅で精算するという形になります。

浦山口から登山道の入り口まで

スタート時点で標高は約250mぐらいで、そこから登山道入り口あたりで標高約500mぐらいだったと思います。舗装道路と砂利道的なものですが、奥の方はすれ違うのが難しいぐらいの道幅です。

最初は舗装道ですが、こういう道は雰囲気が結構好きですヽ(=´▽`=)ノ 途中鳥居があったりしてなんとなくパシャリ。

途中、謎の看板があったのでそちらの方へ向かってみました。

なんじゃぁ、こりゃぁぁ。
鍾乳洞があったり、食事処があったり。思いっきり観光地っぽい所にでました∑(゚Д゚)

これは全く想像してなかったです。そば処やソフトクリームも売ってたりしてるみたいなので、普通に横瀬駅からのルートで来た場合はここで休憩すると良さそうですね〜。

鍾乳洞も寄ってみたかったんですが、今回の登山の時間が見えないので諦めて進みました。

そのまま道を歩いて行くと熊出没注意の看板が。
ここも熊か。奥武蔵、奥多摩の山で熊注意看板を見なかったことはなかったきがするなー。どこにでもいるのかな。

そういえば、大山登った時には熊注意の看板なかったような・・・

それと桜。葉桜になってしまっていたのが残念ですが結構並んでたので、満開の季節は綺麗だったんだろうなぁと思います。川沿いを歩いていたのですが、桜もそうですが河の水がとても綺麗で。

天気がよかったせいで綺麗に見えるんでしょうけど、すごく気分よく歩けました。

登山道の入り口には、登山ポストがありました。

ここまで来る途中に、登山届けをしているかどうかを確認しながら走ってるワゴン車がありまして、登山届を出してから登ってるかどうか確認されていました。

私はもちろん・・・・と言いたいところですが出してなかったのです(・_・;) そろそろちゃんと出すようにしたほうがいいかなぁ。。。

登山道を頂上まで

登山道入りしばらく歩くと、おや橋が壊れてる∑(゚Д゚)ガーン え?まじ道間違えた? とか思ったら写真のような感じで渡れるようになってました。

よく見てなくてちょっと焦りました。天気が良い成果とても水が綺麗でゆっくり見てられたらなぁなんて思いつつ先に進みます。

この看板があるところから先が「山と高原地図」では急坂と注釈があるところです。
実際にきつかった(・_・;)

ただここ最近ジムでトレーニングしているせいか、昔に比べて疲れづらくなった気はします。ありがたやヽ(=´▽`=)ノ

きつい登りが終わってひと休憩。此処から先はしばらくじんわりとした上り坂でした。日差しもよく届くので夏場はこの辺はきつそうです(・_・;)

長者屋敷ノ頭あたりからまた少しずつ緩急ある感じで登りがきつくなった気がします。

この辺からスタミナが切れてきたのか、息が上がるということはないけど、何回か休憩を取りながら上がってます。
もうすこし間食的になにか食べて上がればよかったのか・・・、悩みます。

そして・・・・・、ご飯食べてる人がいる!

おおー、頂上かーーヽ(=´▽`=)ノ

展望、お昼とか

皆さんがお昼を食べてる広場の奥に、神社が。そして狛犬はちょっとスリムな感じです。

神社の奥へ行くと、ほんとにちょっとだけ登ると展望所があります。
そこから、主に山の北側の景色が一望できます。標高も高いし景色いいです。

んが、ちょっと足元の方を見てみると、北側の斜面は結構採掘で残念な感じになってます(´・ω・`)

コレ以上開発すすんだら、武甲山倒れてしまうんじゃないすかね(・_・;)?ナイナイ

んでもってさっきの広場でご飯モグモグしてひと休憩。頂上の広場にトイレはあるのですが、冬季は使用はできません。気持ち的には春なんですが〜4/30まで閉鎖されているとのこと。

すたこらさっさと下り

武甲山山頂から横瀬駅方面へ降りるルートの看板がなかったため、最初とまどいましたが登ってきた道と違う道はひとつしかないので迷うことなく進めました。

しばらく歩いていたら大きな木が。これはデカイと思ってたら大杉の広場というところみたいです。三脚たてて本格的に写真とってる人もいました。

さらに歩いていると、多分ずいぶん下った後だと思うんですが・・・・不動滝というところに出ました。

ここの水は飲めるっぽいですね・・・?ちょっとだけ飲んでみたんですが、お腹壊すなんてこともなかったですし(・_・;)

そうそう、ここにおいてあるペットボトルで水くんで頂上まで持ってくれないか的なお願いが書いてありました。
トイレの水に使用するみたいです。

途中から舗装道路に出たりしながら、下って行くと一の鳥居。登山道終了ですヽ(=´▽`=)ノ
ここにも登山ポストがあります。

お疲れ様ーと思いつつも、ここから舗装道路を歩いて横瀬駅へ向かいます。

一の鳥居から横瀬駅

一の鳥居からは車も通る一般道をひたすら歩きます。横瀬駅まで6kmぐらいあって、だいたい1.5時間ほどかかります。

気持ちの上ではすでに登山が終わってるので、1.5時間歩くのが結構苦痛でした。
まだか・・・まだか・・・と何度もスマホの地図を見る始末(・_・;)

今回の登山でここが一番つらかったですw

歩いてると、送迎のタクシーにすれ違ったり、明らかにタクシーまちをしてる人がいたので結構な人がタクシーを使用して横瀬駅に向かうのではないでしょうか?

一人じゃなかったら間違いなくタクシー使うと思います_| ̄|○

武甲温泉でまったり

登山後は武甲温泉にゆっくり入ってきました。

武甲温泉へは横瀬駅から送迎バスが出ています。時刻表とかはなく、お客がいれば載せて移動という感じのようです。
私の時は私しか乗る人がいないので、送迎バスには一人でw ちょっと贅沢というか私ひとりの為にバス動かしてくれるのは申し訳ない・・みたいな気持ちが。

料金は800円です。

施設自体は年季が入った施設なような気がします。脱衣所は昔ながらのカゴがおいてあってそこに着替えを置くタイプですが、有料(100円)のコインロッカーもあります。

35リットルのザックを使っているので、荷物とかどうすればいいのか聞いてみたら、貴重品をザックからだして、ザック自体はフロントで預かってもらうことが出来ました。
貴重品類はコインロッカーに。

対応は上記のように対応してくれたりしたので好感触でした。横瀬方面で登山した場合最後によるのもいいかもですなー。

最後に感想とか

武甲山は標高1300mある山なので、去年・一昨年あたりは「いやぁ、無理だろ」とか思ってました。

でも実際に登ってみるとそうでもなかったです。多分、ジムでトレーニング始めたので筋力がちょっとついたとかも関係してるかと思いますが。

一の鳥居から横瀬駅の道のりがとにかく心理的にキツイので、次回登るとしても浦山口〜武甲山のピストンになるんじゃないかなぁと思っています。

鍾乳洞のところのソフトクリームとか食べてひと休憩したいかななんて。

同じルートでもう一回登ることはないと思いますが、もっともっと体力ついたら、芦ヶ久保からのルートとか、正丸〜伊豆ヶ岳から回って行くとかいいのかなと思います。

朝6:00すぎぐらいに、登り始めないとみたいなので電車移動してる事考えると無理そうですねぇ。

3 thoughts on “浦山口駅〜武甲山〜横瀬駅ハイキング

  1. 植松伸夫

    武甲山山中にキャンプじょうはありましたか??

  2. あべしんじ

    3日後に友達とハイキングに行くので、検査してたら目に留まりました。読ませていただいて参考になりました。アップありがとうございました!

コメントを残す