Home –  未分類 – 三峰口駅〜秩父御岳山〜大滝温泉遊湯館ハイキング

三峰口駅〜秩父御岳山〜大滝温泉遊湯館ハイキング

GWの前半は体調不良でずっとベッドで寝てまして・・・・
せめてGW中に一度どこか登りに行きたいなということで、秩父御岳山に行ってきました。

標高は1000mちょいで、全行程で10kmぐらいなので前回の武甲山に比べたら楽かななんて
思っていたんですが、そんなことはありませんでした_| ̄|○

ルート

三峰口駅を起点に御岳山の頂上へ向かいます。
そのまま落合へ出たかったのですが、落石?で落合へ直接抜けるルートは通行禁止となってました。

そのため強石へ向かうルートを通り、杉ノ峠から落合方面に抜けて行きした。

感想

全体としては、前回の武甲山に比べて、道が歩きづらく標高は武甲山より300m近く低いわりに武甲山よりも
疲れたなぁという感じがしました。

道幅が狭く踏む外すと、あ〜れ〜って感じで落ちてしまいそうな所も多かったです。
また分岐がわかりづらくうっかり間違った方面にいってしまいそうで怖かったです(・_・;)

こんな感じで「え?どっち?」みたいな箇所がちらほら。

杉ノ峠あたりではこんな感じで各所に道標がありましたが、雰囲気的にここ数年で整備されたような気がします。
(勝手な妄想ですが)

それまではここで迷うひとが多かったのでは無いでしょうか。というか、道標に「山道」は無いだろう・・・とか思ってしまう(・_・;)

また杉ノ峠から先の林道をショートカットする道に関しては結構道が悪く、途中にある橋とかが折れそうで
デブ(自分)が乗ると結構不安な感じです。

頂上にはちっちゃな神社的なものがものがあります。鐘もあって、登った人たちが鳴らしていました。
また天気も非常に良かったので頂上からの眺望は非常によかったです。

最後は大滝温泉遊湯館へ。

こちらからバスで三峰口駅もしくは西武秩父駅行きのバスが出ています。
西武池袋線で帰る場合であれば、西武秩父駅行きのバスに乗ったほうが、
停留所も少なくまた運賃もちょっとだけ得するのでいいでしょう。

ただ・・・・結構人が乗っていて、座れるかどうかは微妙です(´・ω・`)
私の時はギリギリ座ることが出来ましたが。

山と高原地図(2015年版)

今回登るにあたって山と高原地図「雲取山・両神山」を購入して登りました。
ただこの地図では直接落合へ抜けるルートが記載されています。

上のほうでも書きましたが、このルートは現在通行禁止となっています。

どうやら2013年ぐらいには既に通行禁止となっているようで、最新版の地図でも更新されない事があるんだなぁ
とちょっと思いました。地図を過信するのは良くないですねー。

今はWebがあるので事前に行くルートになにか問題かないかある程度、検索して確認してから行くのが良さそうかなと思いました。

なお禁止されているのにもかかわらず登ってる方もいました。個人的には危険ですので辞めたほうが良いかと思います。

コメントを残す