Home –  未分類 – 開聞岳に登った話

開聞岳に登った話

開聞岳頂上

久しぶりの登山話です。
今まで、富士山以外に関しては自宅から直接行ける山ばかりでしたので、東京・埼玉の山ばかりでしたがついに関東から離れて九州の山を登ってきました!

なんで九州の山かといいますと、九州復興割というのがやっておりまして飛行機代+2泊の宿代で4万きってたのでこれはもう旅行に行くしかないかなと。
とりあえず、九州に行くことが先に決定したのですが調べてみたら開聞岳というのが景色も良い山みたいでしたので登ってみる事にしました。

開聞岳は標高924mの山ですが、登山開始ポイントの標高が100mないぐらいだと推測できますので高低差800mとなります。
私は普段、埼玉の蕨山や棒ノ折山あたりを行くので高低差600mぐらいが多いのでハードかもなぁと思いつつの挑戦です。

一般的には登り3時間、下り2時間ということですが私だったら+1時間ずつして、合計で7時間ぐらいかなぁという推測を持っていました。

途中、分岐があるわけではなくビストンですので非常にルートはわかりやすいです。ちなみにGPSログの結果は下記の通りです。

荷物の準備

今回は観光込ですので、荷物どうしようかというのが悩みのタネでした。
ストック登山用ザックとがさばるものが多いので、これらをどうやって落ち込むのか・・と。

ネットで調べたり、泊まる宿で確認したところ、事前に宅急便で送る事ができるのですね。
帰りも宅急便で送ることが出来るのですヽ(=´▽`=)ノ

今回泊まる宿は休暇村指宿でしてヤマト運輸でOKとのことでしたので、往復宅急便で送ることにしました。
料金は約3500円でしたので、荷物が減ること考えればとても良かったと思います。

登山口までの移動

宿は指宿にあるので、指宿から向かうのですがJRの時刻表をみると本数がありません。
05:57もしくは07:21に指宿を出発する電車しかありません。

宿の人と話したら、バスで向かうといいよということで九州のバス時刻表で調べたらJRよりも使いやすい時間にありました。
しかも宿の前のバス停から行けるという・・・これは楽ちん。
ということで7:46のバスで行くことにしました。

・・・おかげで宿の朝食食べれた、ヤッターヽ(=´▽`=)ノ

どどーんと開聞岳

バス降りるとこんな感じに開聞岳が見えてきますヽ(=´▽`=)ノ

登り(5〜6合目あたりまで)

2合目2合目からちょっと

とにかく印象的だったのが、2合目の入り口に来た時に外国人の人が走って出てきて 「カイモンダケー Fuuuu!!!!!」 みたいにはしゃぎながら降りて来たことです(笑)

3合目ぐらい?確か5合目ぐらい?

開聞岳ですが、5〜6合目までと7合目以降でだいぶ雰囲気が違います。
最初は森のなか・・時折木々の隙間から見える景色が綺麗な感じのところです。

登りの方もキツイくはなく、特に問題もなく登れます。途中「X合目」と区切りのところで看板があったり、ベンチがあったりして思いの外整備されている印象です。

とりあえず5合目あたりまではそんなにペースも悪くなく来た気がします。
ただ気温が非常に暑く、汗はだらだらと水分はかなりこまめに補給しています。

6合目ぐらい1?6合目ぐらい2?

当時の鹿児島の天気は30度を超えていてかなり暑かったです。

登り(7合目以降)

ちょっと岩っぽいロープあり

岩場、岩場、岩場。もぅ岩場。

いままで岩場を登るという経験をほとんどしたことないのと、運動不足による体力不足でこの辺からものすごくシンドイ。
この頃からなんか体調不良もなんとなく感じてたり。

凍らせたアクエリアスを飲み、塩分のタブレットを取りつつ頑張るのですが・・・。
正直5合目ぐらいまでとそれ以降で随分感じが違いますね。かかる時間も5合目までの2倍ぐらい7合目〜頂上まででかかった気がします。

どんどん歩きづらくなり、また後半はロープが垂れ下がってるところも。実際にはロープ使わなくても登れそうでしたが。

いい景色1いい景色2

時折見える景色は素晴らしいです。ここまで来たかーと思いつつ、まだ頂上まであると思うとげんなりしたのを覚えています(;・∀・)

仙人洞1仙人洞2

7合目過ぎたあたりで、仙人洞というのがあり説明書きありましたがこの時点ですでに読むのもメンドーなぐらい疲れてました(;・∀・)

頂上付近はよじ登る感じです。軍手とか持ってこないと辛いんじゃないかなぁなんて思います。

頂上

開聞岳頂上
頂上1頂上2

頂上は素晴らしい景色です!
思わずiPhoneのパノラマ撮影に挑戦しちゃいましたw
一番高そうな岩の上だったらもっとすごくイイ感じに写真が取れたかもしれません。

残念なことに体調が悪く余り堪能する余裕がありませんでした。

食事としてパンを持ってきてたのですが、気持ち悪くて半分も食べられず・・・。
流石にこうなってくるとヤバイとなんか感じるようになりました。

あと、ハエがちょーすごい。多い。ちょっと落ち着ける感じじゃないです(;´∀`)

頂上は日陰もないので、一息ついた段階で下山をすることにしました。

この時点で13:00になっていて、登り始めてから約4時間たってました。

下り

ピストンなので、下りは登った道をそのまま下る為に特筆すべきことはありません。

体調が思わしくないのは熱中症かな?と思ったりして、100円ショップで購入したヒヤロンみたいなものを首元に当てたりしてました。
・・・・が、これ思ったより冷たくならなかったです。持続力もなかったですし(´・ω・`)

すでに疲れきっているので、降りるペースも遅く、下りも約4時間かかりました。

下についた時には16:00を過ぎていたのですが、5合目から下は時間の割に暗かったのでこの時間は冬場だとかなり暗くなってたかもしれません。

私が下山途中で出会った登りの人たちは明るいうちに下山出来たのだろうか。ちょっと心配になりました。

最後に

目標は達成出来たものの体調不良もあり、若干の不完全燃焼でした。
今となっては前日に食べた食事が油っこいものが多く胃腸が弱っていて、体調不良だったのかなと。
翌日は胃腸薬を買って呑んだらだいぶ安定しました(;・∀・)

順調にいってもう少し早く下山が出来た場合は様子をみて

へ行ってみたかったのですが、どこも行けず残念でした_| ̄|○

あと帰りもバス使いましたが時間によっては直射日光の中、一時間まったりするので要注意です。
のったりおりたりマイプランという一日乗車券もあります。
休暇村から行く場合、こちらを使うと安くすみますので検討してみるといいと思います。

コメントを残す